2011年9月25日

一期一会


2011年、木谷正道のランニング&人生日誌

○:7.8km(自宅~旧国道一号~大磯駅前~湘南道路~自宅)、-:何もせず
■:飲んだ日/□:飲まない日


*タイムはスタートまでの待ち時間を除いたネットです。

◆2007.3.18  第一回湘南国際マラソン 4時間57分 59歳
◆2008.11.16 第三回湘南国際マラソン 5時間35分 60歳
◆2009.3.15  荒川市民マラソン    4時間46分 61歳
◆2009.11.8  第四回湘南国際マラソン 5時間52分 61歳

◆2011.1.23  第五回湘南国際マラソン 5時間11分 63歳
--------------
◆2011.11月3日 第六回湘南国際マラソン  4時間30分を目標 63歳

<2009年の日誌>
<2010年の日誌>

年月 走り 所要分 備考 体重 課題
課題
課題
課題
1月 1 - - さあ、今年の出発。心を引き締めながら、思い切りがんばる。
  2
21km
117 ■① 息子と初走り。富士山がきれいだった。
  3 川越囲碁祭り(4月9日)の視察。日本棋院の平野理事も来てくださり、とても良い会合になった。
   4 ヨガ ヨガを初めて2年。ヨガが節酒に効き、節酒が心身に効いていることを感じる。
   5 46 昨年12月頃から、生まれて初めて父を身近に感じるようになった。3日ほど前、僕もまた父の布石であったと直観した。父の碁はまだ終わっておらず、たくさんの弟子や子どもの人生を通じて、いよいよ中盤の戦いになったのだろう。
   6 昨日、フルマラソンに備えて山崎骨盤調整院に行った。体がしまっていること、柔らかくなっていることをほめられて、嬉しくなる。
   7 「群青」が主題歌になっている「連合艦隊」を、二回、観た。2007年のときにもコンサートの前に観たが、今回は一段と強い印象となった。悲しみに寄り添い、後の者たちに託した想いを受け止めなければならないと思った。
   8 足立区の淵江第一小学校で囲碁講座。詰碁を出したら、皆、真剣に考え込んでいた。こちらも教え方の勉強になる。来月で終了になる。
   9 -
- 穂積でレッスンを受け、顕著な効果に驚く。一宮の金田先生にお会いすることもできて、楽しい一日になった。
   10 42 ランニングのあと、にじの里を訪問。石崎さんと楽しい話がたくさんできた。いよいよあと二週間で湘南国際。今回は大事なタスキをたくさん預かって走る。
   11 ヨガ 寒い。右の膝が少々痛いが、大事にならないようにしなければ。
   12 二宮のまちづくりへの取り組みが進んでいる。2月13日に、まちなか・ふれ愛まつり。楽しみだ。
   13 うぃすたりあで歌い、佐藤さん、皆さんとお話をする。2.6大磯コンサートにも来てくださるとのことでありがたい。
   14 42 右ひざの痛みはなくなっている。今日は東京で会合が二つ。
   15 ヨガ 20年前の職場の人間たちが、同じ顔で来てくれた。4時間半、飲んで(ウーロン茶を)、話した。みんな元気で何より。
   16 今晩から神戸。明日は阪神淡路の16年。
 17 雪で新幹線が遅れ、1時ころ三宮に着いた。早朝、長田の御蔵北公園の慰霊祭に出席。ひどく寒くて、16年前を思った。その後、NPOまちコミュニケーション事務所で交流。
http://machicomi.blog42.fc2.com/blog-entry-1390.html
午後は国際会議場で国際会議場での耐震補強大勉強会。有意義な一日だった。
   18 夕刻、韓国文化院で、玉虫を題材にした日韓合作ドキュメンタリー映画「海峡をつなぐ光」の試写会。近代100年の歴史は重いが、それに先立つ長くて深いつながりを学ぶことも大事だとあらためて思う。良い映画で、一般公開されるとのことなので嬉しい。
   19 43 体調は良いが、体重が少し増えた。あと4日。
   20 - - 雑務を片づけようとしたが、はかどらない。
   21 - - 二宮のオペラガーデン(高齢者専用住宅)で初めて歌う。とても喜んでくださり、長いおつきあいになりそうだ。あと二日。
   22 ヨガ いよいよ、明日。65年前、阪神淡路、父、母、きょうだい、友人、走りたくても走れない人たち・・・たくさんの方々から渡されたタスキを胸に走る。
   23 ◎42.195
5時間11分 ■② 第五回湘南国際マラソンさあ、走る。
   24 ■③

 昨日は寒いけれども快晴に恵まれ、美しい富士山と湘南の青い海を見ながら走りました。
 江の島の折り返し点までは、給水も休憩もしないで2時間以内で行き、復路も平塚あたり(あと10km)も快調で、一度も歩くことはなく、前回とは大違い。このまま淡々と走れば4時間30分は間違いないと思っていました。
 ところが、35km地点(あと7km)あたりから、頭がボーっとしてきて、ふらふらしてきた。おー、何だこれはと思っているうちに足もきつくなり、初めて歩きが入った。
 やがて、自分を奮い立たせる何を心に描いても体に力が出ない状態になりました。最後の2kmは、いったん腰を下ろすと立ち上がれない状態になり、ようやく決心して歩き始めたぐらいです。この頃は「とにかく完走しよう」という思いで一杯で、ゴールしたときには本当に嬉しかったです

 タイムはネットで5時間11分(推定)、スタートまでの10分間を入れたグロスは5時間21分でした。
 平塚のサウナで最高のお風呂に入り、最高のビールを飲み、帰宅後は爆睡。今日は、まだまだ足が痛い。
 考えてみれば、昨年は忙しさにかまけて、普段の走りが十分でなかった。まだまだ人生を甘く見ていたなあと大きな反省。

 4時間30分の目標は次回に繰り延べます。

   25 まだ足は痛むが、かなりの回復。来週から、また走る。
   26 今日は生まれて初めて人間ドックに入る。考えてみると、僕はずっと健康に恵まれてきた。ありがたいことだ。
   27 2月13日の「二宮・ふれ愛まつり」で話し合い。大きく進み始めた。
   28 花自連の尾上会長から、仏像のお話を伺う。今年はぜひ奈良に行ってみたい。
   29 ヨガ ようやく足の痛みが治まった。久しぶりに学生時代の友人との会合で東京へ。
   30 バンドの全体練習と囲碁クラブ新年会でミニコンサート。良い仕上がりだ。
   31 二宮の地区長さんたちと「ふれ愛まつり」で意見交換。
 2月  1 ヨガ 東京いのちのポータルサイトの新年会を楽しく開催。たくさんのフルート奏者も来てくださり、音楽はいいなと。2.6大磯は満席で、チケット販売を中止。ありがたい。
   2 終日、「心の唄 in 大磯」の諸準備。強い反応が返ってきている。
   3 大磯今サートが満席となった。たくさんの方々のご助力によるもので、とてもうれしい。大切な時間を使って来てくださる方々のために、良い唄を歌いたいと思う。一期一会。
   4 41 走りを再開。からだがすっきりし、気持ちがいい。昼は二宮、夜は最終リハーサル。
   5 ヨガ 松岡先生の最終講義に出席。身の引き締まるお話だった。もっともっと頑張らなくてはいけない。
   6
今日は「心の唄 in 大磯」。たくさんの方々に応援をいただいて、今日がある。聴いてくださる方々のために、精一杯歌い、演奏したい。
   7 昨日は、これまでで最高のコンサートになった。応援いただいた方々、ご来場いただいた皆様に心から感謝します。本当にありがとうございました。また一歩、前に歩いていきます。
   8 ヨガ 13日の「ふれ愛まつり(二宮)」が盛り上がってきました。僕もフリーマーケットに出品しますので、どうぞおいでください。コンサート、囲碁講座もやります。
   9 真土の老人保健施設で初めて歌う。車いすダンスの名越さんのご紹介。とても喜んでくださって、嬉しく思う。
   10 友人が送ってくれた韓国の愛唱歌を練習した。僕にフィットしていると感じたが、これは初めてのことだ。
   11 雪で寒い。すべての予定をキャンセルして、家でおとなしく、暖かにしていることにした。鼻かぜが悪化しないように。
   12 足立区の淵江第一小学校で最後の囲碁教室。詰め碁は人気があった。
   13 42 昨日までとは打って変わって快晴。初めての「ふれ愛まつり」はたくさんの方が来場し、暖かく、楽しいおまつりになった。関係者に心から感謝します。
   14 今日はまた、寒い一日となった。どちらかに一日ずれていたら、楽しさが半減したわけで、幸運に恵まれた。
   15 ヨガ うぃすたりあで楽しいひと時を過ごした。たくさんの案件を片づけなければいけないのだが、はかばかしく進まないそんなときでも唄を歌うと気持ちが落ち着く。明日は走る。
   16 40 天気が回復。朝走ると、寒いけれども、とても気持ちが良い。これから、一年で一番良い季節になる。この一年にとっても、大事な日々だ。がんばりたい。4月16日「心の唄&囲碁 in 二宮」(ラディアン)、応援をお願いします。初めての公演で、530席の会場は少々手ごわいので。
   17 つぐみのおかコモンズのデイセンターで歌う。楽しい会になった。
   18 朝はひどい天気で走れなかったが、天気は好転。これからだんだん暖かくなり、ランニングに良い気候になる。
   19 すみだ耐震フォーラムは和やかで楽しい、良い集会になった。視覚障害者の柿島二段と特別製碁盤で対局。金型の復活に結び付くと嬉しい。
   20 40 大磯コンサートのCDの編集作業。何度も聴くと、まだまだであることが見えてくるというか聴けてくる。実が引き締まり、新たな挑戦の意欲が湧いた。今年はがんばる。
   21 「4.16心の唄&囲碁 in 二宮」の打ち合わせで二宮へ。高木さんという素晴らしい写真家にお会いし、チラシに写真を使わせていただくことになった。「素晴らしい町 二宮」でご覧ください。http://www.scn-net.ne.jp/~takagi/
   22 ヨガ 2012.2.4(土)1330~「心の唄 in 平塚」(中央公民館)。来年の日程がポツポツと決まりだした。ずいぶん早い。
   23
21km
128 フルマラソン後初めてのハーフ。月に一度ぐらいのペースで走ろうと思う。
   24 5月8日の足柄マラソンを走ることにした。最長15kmの初級者マラソン。地元hもとより、東京のネットワークにも声をかける。楽しい走りになるだろう。そして、11月の湘南国際へ。
   25 午前は二宮でキーパーソン回り、夕方から新宿で鞆の浦MLの実行委員会。今年は目に見える変化が起きそうだ。
   26 ヨガ 満開の梅のした、コレクティブおおやまみちまつりで、竹DSさんと一緒に歌う。前から声をかけてもらいなが、初めての参加になった。来年は皆で来る約束をした。
   27 39 フルマラソンから完全に復調。このペースを持続させたい。
   28 一日、二宮で地域回り。とても良い反応でありがたい。
 3月 1 ヨガ 早、3月。桜の季節だ。月日が飛ぶように過ぎていく。
   2 41 暖かくなった。ランニングの季節。
   3 久しぶりに宅老所「ひなたぼっこ」で歌う。今年でまる10年になる。
   4 40 二宮の準備がかなり進んできた。ありがたいことだ。
   5 囲碁クラブ浜風が、和やかで楽しい会になってきた。ご近所の皆さまや高段者の方々のご助力によるところが大きい。
   6 38 久しぶりの全体練習で、二宮公演の曲をさらった。難曲がこなれてきているのが、ありがたい。午後はランニングの講習会で、平塚海岸まで往復2kmを走った。 60.4
    7 珍しく雨で寒い。昨日とは大違いだ。人生、いろいろなときがあるから、土砂降りにもめげないように。考えてみると、昨日、いつものコースを38分で走ったのは初めてだ。昔の記録を見返してみると、ずいぶんいい加減な練習ぶりであったことが分かる。
  8 ヨガ 昨日、「心の唄in二宮」実行委員会。12人の方が来てくださり、和やかな会合になった。まちづくりとは人のつながりづくりなのだろう。ありがたいことだ。
  9
21km
124 月に二回、ハーフを走ることにした。旧一国を二宮に向かい、駅前を過ぎて吾妻山入口で折り返し、大磯駅前から湘南道路(箱根駅伝コース)に入り、八間道路から帰ってくると21km。ここしばらくは絶好のランニング季節だ。 61.0
  10 二宮コンサートのチラシを友人たちに配布。桃浜町自治会でも回覧してくれることになり、組長会議であいさつさせていただいた。
  11 福山市に来て、会議をしているときに、東北・関東地震の知らせが入った。本当に驚いた。亡くなられた方々への心からのお悔やみと、被災者へのお見舞いを申し上げたい。もっと真剣に警告をしておかなければいけなかった。心して、次に生かさなければいけない。
  12 さくらホームのお年寄りと一緒に朝ご飯を食べた。鞆は予想以上に寒いが、平和な空間である。東北の方々は、どんな思いで朝を迎えたのだろうか。仙台の友人に連絡が取れないので心配だ。
  13 予定を切り上げて帰還。午後は、JCの市民討論会に参加し、市長候補者への要望などを議論。最後の機会だと思うので、真剣に防災に取り組むことを求めたい。
  14 内外から寄せられる声、つぶやきに胸が熱くなる。
  15 ヨガ もう一段、ギアをシフトさせることにした。カチっとスイッチを入れ、がんばる。
  16 21日に緊急防災集会を開催することになった。浜岡原発は止めなければ危ない。
  17 福島原発はすさまじい限りだ。現地チームの成功を祈るしかない。
  18 - - 今日で震災から一週間。一番長い一週間だ。緊急防災集会の準備会。停電の薄明かりの中で熱気のある議論だった。
  19 - - 息子と一緒に、最低限の装備をする。
  20 - - 久しぶりに心の唄バンドの練習。良い内容だった。4月16日の「心の唄 in 二宮」は、被災者支援チャリティとして実施する。一生に一度のコンサートになるだろう。この日のために、僕は歌ってきたのだから。
  21 商工会議所で緊急防災集会。100人が集まり、3時間、議論をした。
失うものは山ほどあったが、得るものもある。次の世に向かう力をつくらなければいけない。
  22 ヨガ 久しぶりのヨガ。気持ちがせいせいした。
  23 「災害から未来(あす)を守る・平塚」が動き出した。頑張らなくてはいけない。
  24 久しぶりに唄を練習。知人が送ってくれた「隠された被曝労働~日本の原発労働者」(1995年、イギリス)に、強いショックを受ける。
  25 40 大震災以来、初めて走り、地面にしっかりとアースした。家具固定・簡易トイレ講習会はとても良い内容になった。簡易トイレはすごい。午後は二宮で地区長さんたちとお話をし、オペラガーデン二宮で歌う。
  26 第二回緊急集会開催。次は4月2日(日)活動センター。ぜひ、お出で下さい。
4月9日に総合公園で被災者支援歌声、心の唄バンドも出演します。
  27
危機管理の鉄則は最悪を覚悟し、楽観的に行動すること。自分の心身が頼りです。福島原発「最悪のシナリオ」は厳しいですが、東京以西はまだ余裕があります。被災地の支援と福島原発への対応を維持するためにも、関東・東海での次の大地震に備え、家具固定と耐震補強を進めましょう。無事でさえあれば、津波も含めて様々な対応ができます。そして、浜岡原発を停止し、次の原発事故を防止する。今日は久しぶりに唄の練習をします。
  28 やらなければいけないことがたくさんあるが、思うようには進まない。でも、あまり自分を責めずにやっていかないと自分自身がくたびれてしまう。
  29 ヨガ ぐっすり寝て、気持ちがすっきりした。
  30 4.16「心の唄&囲碁 in 二宮」の準備が進みだした。たくさんの方々が応援して下さる。ありがたいことだ。
  31 退職4周年。4年間に起きたことは、それまでの全人生に匹敵する。今、この瞬間のために、あらゆる変化が準備されていたと感じている。
4月 1 二回目の家具固定・簡易トイレ作成講習会
2 第三回緊急防災集会。とても良い内容になった。
3 6時~二宮ラディアンの朝市。9時からバンドの全体練習。とても良い仕上がりで嬉しくなる。味噌作りは池野さんご一家の奮闘で、無事に6kgの大豆を処理。夕方は再びラディアンで技術打ちあせ。せわしない一日だったが充実していた。
4 久しぶりのランニングの予定が果たせず。
5 ヨガ いのちのポータルサイトの理事会。浜岡原発即時停止の声明を提案し議論。
6 - - やらなければならないことがたくさんあり、思うようには進んでいないのだが、大局的に前を見ることが大事だと思う。
7 マリールイズで非常食品などを使った料理教室。NHkで映像が流れて、懐かしい方からお電話をもらった。
8 夜、マリールイズで「災害から未来(あす)を守る会」の拡大世話人会。七夕祭りで仙台と市民交流する構想が出てきた。
9 ヨガ 総合公園のライブが雨で中止になり、その分、3時間全体練習を行う。良い仕上がりになってきたのが何よりうれしい。午後は第四回緊急防災集会。
10 穂積で権先生の発生レッスンを受ける。分かりやすく、大きな効果がある。目からうろこが落ちる気がする。
11 二宮で第三回(最終)実行委員会。現地の方々が頑張ってくれて、準備が進んでいる。ありがたいことだ。
12 ヨガ ラディアンで特別展の開始。たくさんのグループが参加し、和やかな作業になった。
13 被災者支援CDの製作を開始。300枚作成し、義援金をくださった方々に差し上げようと思う。ご近所の笹川さんが助力くださり、ありがたい。
14 つぐみのおかコモンズのデイで歌う。たくさんのお年寄りたちが喜んでくださり、唄の力、ありがたさをあらためて感じる。
15 いよいよ、明日「心の唄&囲碁 in 二宮」。一生に一度のコンサートになると感じている。当日受付もあるので、ぜひお出でください。
16 ■⑤ 530席のホールがほぼ満席となり、お客様は大変喜んでくださった。午前から始まった囲碁イベント、耐震相談と家具固定講習会もにぎわいがあった。支えてくださった実行委員会の皆さま、ご来場下さったすべての皆さまに心から感謝します。
17 博多で防災講演。津波の陰に隠れたけれども、耐震補強が地震被害軽減の基本であることに変わりはない。東北も中越も、豪雪仕様なので梁も柱も太いために、倒壊を免れた家が多い。関東以西では、大津波を伴わない阪神淡路のような直下地震で家屋が倒壊し、延焼する可能性が強い。津波から逃げるためにも、家屋倒壊や家具転倒によるけがを避けることが前提になる。
18 博多にパソコンの電源コードを忘れて不自由な生活になった。不注意を気をつけなければいけない。
19 ■⑥ 中越・長岡市の法末という集落に、都市計画家グループの松川さんたちと出かけた。トンネルを超えたら雪国だった。法末は雪に埋まっていて、寒い。今年8月のお盆に囲碁とコンサートのイベントを開く。集落の総代、振興組合の組合長ほかの方々と話し合いをして、いったん中止を決めていた盆踊りが形を変えて復活することになった。とてもうれしい。みんなの力で成功させたい。
20 無事に帰宅。電源コードも届いてありがたい。
21 年間計画を作り直した。何よりも、音楽のレベルが向上してきているのがうれしい。今年は人生で最大の転機になる予感がする。
22 ■⑦ 5月1日から7日まで、宮城県に行くことにした。仙台から南三陸町の避難所に入る。何ができるかわからないが、何でもやってこよう。今日もまた嬉しいことがあり、お酒日の特別割り当て。
23 ヨガ 午後、二宮のデイ大空で歌う。とても良い会だった。夜はニノで二宮実行委員会の打ち上げ。13人が集まり、今後の大きな出発になった。
24 5時31分の電車で穂積へ、午後、鞆の浦に。
25 福山市で朝鮮通信使の実行委員会。
26 伊東の暖香園で開催された囲碁大会に参加。父が秀哉名人との引退碁を打ったところだ。皆さん、とても喜んでくださり、良い会になった。
27 昼は妙蓮寺の「一服亭」を訪問。お年寄りの集いでもう3年になる。終了後に、会に出席できなくなった94歳の方のお宅を訪問した。とても喜んでくださった。
28 二宮で調整を行うほか、宮城行きの準備。
29 午後、伊勢原でチャリティマーケット、夜はマリールイーズで災害から未来を守る会の世話人会。心の唄バンドの演奏を喜んでもらった。
30 ヨガ 終日、宮城行きの準備。
5月 1 朝4時に出発し、大口で加藤君を拾い、仙台へ。東北自動車道は地震の影響で路面が悪い。11時に宮城県庁につき、保健医療支援室の上原氏と調整。3日の予定が確定する。仙台七夕の鳴海さんと話ができて、元気なので安心する。七夕通りをはじめ、仙台中心部には震災の影はまったくなく、若者をはじめたくさんの人波がある。3日に南三陸町歌津中学校、まで100kmをどう走るかが問題。
2 - - 高校の同級生の大木さんのお宅に泊めてもらい、朝、信田さんが合流。商工会議所の白鳥さん、平川さんとお話をし、七夕での交流について意見交換を行う。互いの思いに共通点があり、嬉しくなる。国際囲碁大学囲碁教室の文沢さん、囲碁クラブを経営される門田さん、車を貸してくださる広川さんにお会いし、お話をする。夜、河上さんたちが合流し、5人になる。主力は明朝到着。
3 朝、南三陸町歌津へ。45号の海岸線を避けて389号線で内陸から海に近付く。聞きしに勝る光景で、一面、瓦礫の荒野だった。高台にあった歌津中学校が無傷で残り、体育館が避難所になった。すぐ下の小学校は一階が浸水。その下の公民館、仙台銀行、脇の歌津駅などは壊滅した。午後2時からステージで心の唄を歌わせていただく。皆さんが喜んでくださってるのが分かり、当初に感じていた心配は吹き飛んだ。最初は校庭にテントを張らせていただくお話だったが、体育館の3階のスペースを貸していただくことになり、ありがたい。その後、近隣のデイセンターで歌う。94歳の小野たかさんが民謡がお好きで、さんさしぐれを3回歌ってくださった。
4 信田さんを柳津まで送り、丸山さんを駅で拾って再び歌津へ。ハイムメアーズという老人ホームが高齢者のための避難所になっていて、ここで歌う。電気はないので、僕と竹さん、松本さんの三人が出演。最後に代表の方が、「これまでにたくさんのボランティアが来てくれたが、今日の音楽は一番良かった」と言ってくださった。「竹さんを見ていたら、努力すれば何でもできるのだということが分かり、元気が出た」とも。終了後、中学校でさよならコンサート。偶然が重なり、前半は三木さんのピアノリサイタルで後半が心の唄。今回もまた、とても喜んでくださり、最後は区長さんがステージ上がり、一緒に故郷を歌った。
5 - - ■⑧ 朝、大半のメンバーは被災者の皆さんにお別れをして、帰途に。各ブースを回ってあいさつをすると、話が尽きず、別れられない。たったひととき触れあっただけなのに、まるで肉親と別れるような気持ちになる。中学校の阿部校長先生にお会いし、8月5日(金)にこの体育館で心の唄コンサートを開催させていただくことにした。また皆さんにお会いすることができる。夜は加藤君と二人でささやかに祝杯をあげる。
6 今回の訪問で使用した碁盤セットを各避難所に寄贈し、本当にお別れをする。歌手のAIさんが来て文房具を配り、唄を歌う。さすがに、大変な人気だった。帰りはさすがにくたびれて、眠気が差さないように冷房をかけながら帰ってきた。東北自動車のパーキングエリアで、7時のニュースを見て、管首相が中部電に浜岡原発の停止を要請したことを知る。たくさんの人たちがあらゆるルートを通じて働きかけた結果だ。とりあえず、最悪の事態を避けることができる可能性が出てきてほっとする。横浜で加藤君が降りて自宅へ。とにかく全員が無事でよかった。M8の余震と津波もありえたので、何もなかったことがありがたい。
7 ヨガ 朝、ヨガをやったら、また猛烈に眠くなり、昼過ぎまで眠る。たくさんのものを見て、聞いて体験したので、思うことが山ほどある。今後の自分の行動についてもたくさんのインスピレーションを得た。おいおい実行に移していこう。
8 41 ■⑨ 昼にモトロッソで「心の唄マルシェ」、午後はさるすべりの会で歌う。
9 午前に湘南養護学校の評議員会。子どもたちの学校での生活を見せていただいた。自分に何ができるのかなと思う。
10 ヨガ 延期した川越囲碁祭りの検討会を開催。11月5日(土)に開催することになった。湘南国際の前日だが、がんばろう。
11 まだ疲労が取れず、寝ては起き、起きては寝てのような状態。
12 午後、二宮のつぐみのおかコモンズで歌う。たくさんの方が参加されるようになり、嬉しい。
13 41 走ると暑くて、汗だくになる。これからは走るには過酷なシーズンだががんばりたい。
14 南三陸町の憲章は素晴らしい。震災前に選ばれた詩で、選定委員長であった教育長さんは行方不明になった。みんなで、良い曲をつくり、いつまでも歌い継がれる唄にしたいと思う。
15 40 今日はバンドの練習。6月18日の「心の唄 in 平塚」をこれまでで一番良いものにしたいと思う。ぜひ、お出かけください。
16 ようやく本調子になる。たくさんの雑務が残っており、がんばらなければいけない。
17 ヨガ 二宮で平和を求める行進があり、前段の話し合いに参加。原発事故の構図はこの前の戦争と良く似ている。あいまいにするわけにはいかない。
18 41 良い天気で、気持ちがいい。第六回湘南国際の詳細が発表された。11月3日、今度こそ4時間半で走る。ついでに、諸々の生活改善。節目の一年、最高の一年にしたい。
19 東村山老人ホームで歌う。とても喜んでくださり、最後の故郷は皆さんが立ちあがって歌ってくださった。ありがたいことだ。夜は鈴木庸夫さんの仏像個展を観賞。すごいエネルギーだなあと感心する。
20 明日のNPO総会に向けての作業が終わり、ほっとする。「6.18心の唄 in 平塚」のチラシを発送。
21 ヨガ 明日から湘南国際マラソンの受けつけ。今度こそ、がんばりたい。
22 39 帰省した息子と走る。汗だくになるが、気持が良い。協議会の総会が楽しいj雰囲気で終わったのがうれしい。今年は思い切りがんばる。
23 雑務にまぎれて、うぃすたりあを訪問する予定を失念。いけない、いけない。皆さんに申し訳ないことをした。
24 ヨガ 山のような雑務(というか、大事なこと)を片づける。夜は「災害から未来を守る会」の拡大世話人会で、仙台との七夕交流を深める方向が決まった。かつてない取り組みになりそうだ。
25 40 少し続けて走ると、太ももやふくらはぎに筋肉がついてくるのが分かる。からだはまことに現金なもので、面白い。
26 - - 日本棋院と良い調整ができた。8月は、南三陸で、「こころの唄・こころの碁~落語、フランス料理も!」ができそうだ。
27 39 曇りで気温が低いので、走りやすい。本格的に暑くなるまでに、走りこみたい。
28 ヨガ 山のような雑務に集中。
29 走るつもりが雨で残念。週三回は走りたい。
30 5月末締め切りの仕事の半分を片づける。
31 ヨガ 鞆の浦のまちづくり構想案ができた。介護と文化のまちづくり。日本一幸せに暮らせる街に。
6月 1 38 さあ、6月。がんばる。朝が涼しくて、ランニング日和。3か月ぶりに38分で走った。これが自己最高で、秋までに37分で走れるようになりたい。
2 - 昨晩は、二宮の実行委員会。なごやかな、良い会合になった。青積みみかんを普及させている「湘南スタイル」というNPOに出会う。面白い着想だと思う。
3 39 母の命日。ついこの前のようだが、もう20年になる。僕は43歳から63歳に年を増やし、たくさんの変化が起きた。日々を大切に、思い切って生きようと、あらためて思う。
4 ヨガ 全員リハーサル。南三陸町憲章に曲をつけた「南三陸のうた」、「海のように」がとても良い唄になった。6.18「心の唄 in 平塚」で初めて歌います。   ×
5
21km
119 良い天気だが、暑い。久しぶりにハーフを走って、いい気分だ。その後、眠気が来て、爆睡。 59.6 ×
6 雑務を一つひとつ片づけるのだが、一つひとつしか片付かないものだ     ×
7 ヨガ ヨガは本当に気持ちがいい。90分で心身ともにすっきりする。自分の体を自分でコントロールする感覚は、生きることの核心に近いと感じる。    ×
8 38 小雨の中を気持ちよく走る。今年を節目の年にしようと思う。   ×
9 エコギャラリー新宿でのライブはとても良いものになった。   ×
10 39 法末盆踊り(8・13~15)、仙台囲碁祭り(8/6)が進み始めた。走りは快調。   ×
11 飯田橋の東京しごとセンターで、「生涯現役」の講演と唄。久しぶりに人生を振り返り、演奏も良かった。   ×
12 40 さあ、今日から湘南国際マラソンの受付開始。忘れないように。  
13 湘南国際は半日で満杯になった。すごい! さあ、スタートラインだ  
14 ヨガ 体調は良い。自分にとって良い年であることを感じる。   ×
15 41 6.18の申込者が140人ぐらい。あと僅かで満席になる。ようやく、地元で定着してきた。あとは、当日の演奏を良いものにすること。がんばらなければ。   ×
16 唄の練習と当日のプログラムの作成。午後は二宮のつぐみのおかに出かけて、皆さんと一緒に唄を歌った。「生きている実感を共にする」実感のようなものがある。良いものだ。     ×
17 40 昨日は、渋谷で最終リハーサル。これまでに比べれば、かなり良い内容だった。明日は、喜んでいただける唄を歌おうと思う。  
18
良いコンサートになった。たくさんの方々に支援してもらって、ようやくここまで来たなあと思う。ほんとうにありがたい終了後に事務所で乾杯をした。ひと月ぶりのビールがうまかったが、今年は早くも10回目の飲酒日になってしまった。心から嬉しい時が増えている証拠ではあるが、後半は抑えなければいけない。   ×
19 一日、のんびり過ごす。コンサートの感想をたくさんの方からいただいた。嬉しい内容のものばかりだ。がんばらなければいけない。   ×
20
21km
125   暑い! 汗だくになるが、気持いい。走るようになって、初めて分かったことがある。それは、最終的に自分が信頼できるのは二本の足だけだということ。前に進んでいる限り、必ずも目標に到達する。止まったら最後、絶対に着かない。幸運もなければ他からの応援もなく、一切の才覚が役に立たない。愚直に、一歩一歩前に進むしかない。これは、人生の不安を取り除き、自分の精神状態を安定させるのに役立った。    × ○  - 
21 ヨガ   - 「川のように命をつなごう」(南三陸町民憲章)。僕たちが川で水が命。もしかすると、命が主で、命同士がつながりあうために、人間という川を使っているのではないかなあと感じるときがある。唄が媒体であると同じように、一人の人間もまた媒体であり、内にある心や命は生身のからだを超え、時空を超えて、融通無碍につながりあう。      × ○ 
22 昨晩は、災害から未来を守る会の世話人会。環境コンサルの西岡さんの津波シミュレーションに驚いた。正確に事態を再現している。どこででも使えるものなので、反響を呼ぶと思う。 ×
23   平塚コンサートのCDを聴いた。まだまだではあるが、これまでに比べれば、かなりよくなったように感じた。9月コンサートに向けての大きな基盤になる。がんばらなければ。昨日、今日と暑いが、今年も我が家はクーラーなしで過ごそうと思う。
24 新小岩の老人ホームに行く。たくさんの方が一緒に歌ってくださり、お一人お一人の顔を見ながら、いろいろなことを考えた。
25 久しぶりに帰ってきた息子と話をした。自分の世代が果たしてきたことの意味、今後の役割について考えさせられることがたくさんあった。今の状況はひどく悪いのではないかと感じる。自分の責任は大きい。
26 40 平フィルの定期演奏会。すばらしかった。大きな刺激を受ける。良い音楽をめざしたいと心から思う。がんばらなくてはいけない。
27 雑務を片づけるが、進まない。こんな日もある。平塚工科高校の評議員会で授業参観。若い人たちに、今、僕たちはどんな大人像を見せているのだろうかと感じ、そのことを話した。役割モデルを果たしているのかどうか。
28 ヨガ 8月イベントの調整のために、仙台、南三陸を訪問することになった。事前調整に追われる。
29 仙台、南三陸の調整。
30 早朝出発し、渋谷で友人を拾って南三陸へ。片道500kmの旅だ。ずっと話をししていた。大震災のこと、原発事故のこと、66年前の戦争のこと、その後の生き方のこと。今、僕たちは子どもの世代に、どんな姿を見せているのだろうか。
7月 1 昨日は、歌津中学校で避難所の管理者をしておられる熊谷区長さんたちに再会。僕たちの取り組みをとても喜んでくださった。すべての懸案は現場レベルで解決できた。今日は仙台で日本棋院理事、平塚のシェフたちが合流。市庁舎で一連の取り組みを記者発表。記者の皆さんから反応があった。8月5日のイベントは「心の唄と落語と晩さん会 in 南三陸」にした。シェフたちは「最高の料理を出す」と。
2 ヨガ 南三陸訪問の印象を持って、川崎市の高津区役所でまちづくりグループの方々に防災講演と弾き語り。とても喜んでくださった。東京新聞が取材して、大きな記事にしてくれた。小さな取り組みを積み重ねていくことが大事だ。
3 「心の唄 in 平塚」のCDを何度も聴いていると、まだまだであることが実感される。9月19日の「心の唄'11」では今度こそ、ほんとうに良いものにしたいと強く思う。一期一会。にじの会の石崎さんに唄を聴いていただいたら、ほめてくださり、大変嬉しい。たくさんの方々の応援で、僕たちの今の活動がある。
4 諸懸案の整理に取り掛かる。
5 8月の囲碁祭り等イベントの調整のため、長岡市法末を訪れる。
6 法末から帰還。(財)山の暮らし再生機構、日本棋院長岡支部、地元集落の方々、小国町などと、とても良い合意ができて、当初の予想を超えた盛り上がりになっている。
7 9月19日「心の唄’11」の原稿ができて、デザインの発注。ヴァイオリン奏者の高梨真美さんのゲスト出演してくれる。心に残るコンサートにしたい。
8 10月1日~2日に、鞆の浦で第二回「21世紀の朝鮮通信使」。概要が固まった。9月30日には、日韓視覚障害者の棋士による記念対局も行う予定となった。さまざまな方向に発展している。
9 ヨガ 鞆の浦イベントなど、懸案がかなり片付いた。まだ、山のようにあるが。南三陸では、第晩餐会のあと、鎮魂の線香花火を行うことになった。地元のシェフたちの意気込みがうれしい。
10 41 ■⑪ 二週間ぶりに走った。4時半スタートだが、すでに明るく、汗だくになる。
11 いろいろな動きが目まぐるしい。平塚のシェフたちの行動は素晴らしいなあ。
12 ヨガ 諸事、処理に追われる。
13 防災展準備がようやくできる。他のイベント準備も徐々に進む。
14 44 走ると暑い。熱中症に気をつけないといけない。今日から防災・耐震・市民活動展(市民プラザ)。南三陸支援活動の写真もあります。
15 珍しく、ビッグサイトで防災講演。東北の方々も来ておられ、真剣な質問が出た。「これから、何をどうするのか?」 うまい言葉が出ないが、必死に考えることは事実だ。
16 ひたすら、諸懸案の処理。
17 市民プラザでライブ。小さな会場だが、とても良いものになった。夕刻、高梨真美さん(ヴァイオリン)と初めての打ち合わせ。譜面をお渡ししたら、その場で見事に弾かれた。すごいなあ。
18 なでしこジャパンを見ていて、胸が熱くなった。やればできるんだ。勇気が出た。
19 ヨガ 諸懸案を必死に片付けるのだが、時間がかかる。一つひとつやるしかない。マラソンと同じで、止まってはいけない。
20 雑務の処理に追われる
21 午前は二宮の地域回り、午後は平塚の法人会で防災講演。南三陸支援のカンパをいただいた。
22 午前は仙台イベントの調整、夜は新宿のほっとステーションで実行委員会。
23 ヨガ 午後は囲碁クラブ浜風と耐震協議会、夜は災害から未来を守る会。
24 一日時間が空いたので雑務の処理。
25 市の危機管理課に災害車両の申請。意外に簡単に処理してくれた。
26 ヨガ このところ、ずっと走っていないが、ヨガだけは細々と続けている。これだけでもやっているといないとでは、大違いだ。
27 朝、5時台の電車で新幹線。岐阜で権先生のレッスンを受け、鞆の浦へ。夕方から、江田さんご夫妻と意見交換。「福祉と文化のまちづくり」構想が進み始めた。9月30日の超sね通信使プレイベントがことのほか、好評である。
28 午前は原地区のサテライトで歌う。ご近所の元気なお年寄りがたくさん来て下さった。午後は福山市庁舎で第二回実行委員会。すべては順調に進んでいる。
29 さくらホームで歌い、午後は120人の子供と親に入門講座。昨年は友小学校の体育館で、冷房がなく大変だったが、今年はローズこむという立派な施設で実施した。毎年、前に進んでいて嬉しい。10年続ければ1000人になるのだから、大変なものだ。
30 にじの会の夏祭りで歌う。結局、心の唄バンドは僕だけだったが、懐かしい顔にたくさん出会い、嬉しかった。
31 いよいよ宮城イベント。作業を追い込む。
8月 1 ついに8月。夏の陣だ。夜は二宮で実行委員会。21日のふれ愛まつりは、大変な盛り上がりになってきた。
2 ヨガ 久しぶりに新宿区長にお会いした。今年の心の唄にはおいでいただけるとのことで嬉しくなる。たくさんの方々の支えで僕の活動が成り立っていることをあらためて感じた。
3 朝から上田さんが来てくれて、大量のCD作成。ありがたい。夜は泉田君も来てくれて木谷スタディオでお話。
4 未明に出発。富士見で楽志亭壱生師匠を拾い、一路、歌津中学校へ。南三陸は三度目の訪問になる。午後、デイセンターに行く予定だったが、少々へばり、のんびり過ごす。夜は初めて教室に泊めていただく。池野、小西部隊も到着し、主なスタッフがそろう。あとは、心の唄バンドとシェフたちの到着を待つばかりだ。
5 事故と渋滞で、バンドとシェフたちの到着が大幅に遅れる。体育館に240の椅子と長テーブルを運び、セット。人数が少ないので結構な労働になる。昼に皆が到着し、いよいよ大イベントの始まり。言葉で言い表すことができないぐらい、喜んでくださった。1時に始まり、9時に線香花火が終わり、後片付けをして終了。平塚のシェフたちの心意気を見せてもらった。
6
朝、阿部校長先生ご夫妻が仙台まで送ってくださり、途中、大きな沼で満開の蓮の花を見た。楽志亭師匠は「これは極楽だ」と。本当にそんな感じだ。午後、ハーネル仙台で七夕囲碁祭り。これがまた、予想を超えた盛況だった。記念対局は、仙台の希望の星・一力遼君(初段:14歳)が小林光一九段を見事に破った。百面打ちには200人の参加者があり、にぎわった。心の唄コンサートもタイへ喜んでくださり、素晴らしい二日間が終わった。
7 ゆっくり後片付けをして、帰還。東京まではほとんど池野さんが運転してくれたので、楽だった。これで、一番重いイベントが終了。いよいよ夏の陣のピークにかかる。
8 長岡市法末イベントの準備作業と諸懸案の整理。
9 ヨガ 終日、諸作業9月の心の唄も準備が随分遅れているが、これから挽回する。
10 走ろうと思ったが果たせず。とにかく時間がない。「心の唄’11」の準備(DMやCD焼き)を地元の佐藤さんや松田さんが手伝ってくださることになり、とてもありがたい。昨年までは考えられないことだ。 -
-
-
-
11 50 ほぼ一月ぶりに走った。汗だくになるが気分爽快。さあ、頑張るぞ。6日に仙台囲碁祭りが終わり、肩の荷をおろして、夜、久しぶりにみんなとお酒を飲んだ。翌朝、食事をしていると、信田さんが近寄ってきた。「正道さん、今日、走りましたよ」「どのぐらい、走ったの?」「2時間です」「・・・」。上田さんは毎朝走るかウォーキングをしているし、みんな、本気で僕に勝とうとしている。これは負けられない。 × × ×
12 - - 法末の直前準備と「心の唄’11」の作業。ありがたいことに、作業を手伝ってくださる方が増えてきた。DM用の250通のあて名書きをお願いして、随分気が楽になった。 × × × ×
13 - - 長岡市法末のイベントに出発。僅か40世帯、80人の限界集落を存続させ、住み続けられる集落になるように。夢は大きい。今日はリハーサルと前夜祭。棋士の小川誠子さん、信田茂仁さん、日高敏之さん、村上深さんらも合流。 × × ×
14 90

囲碁大会と心の唄コンサート、交流会。夢のように楽しいイベントになった。地元集落のかたがたはもとより、日本棋院長岡支部の方々がとてもうれしそうだったのが印象に残った。森市長は記念対局で小川六段に5子で惜敗、コンサートではあこがれのハワイ航路、すばるを熱唱された。 × ×
15 - - 法末の集落づくりを宮田さんがプレゼン。6年間の営々とした交流のうえに、今回のイベントがあることを実感。午後は三木さんのピアノコンサートと夜はいよいよ盆踊り。雨の降る中、地元の方々、盆帰りの方々が歌い、踊った。僕の弾き語りにも多くの方々が聴いてくださり、嬉しかった。来年にきっとつながる。 × × ×
16 - - 荷物を片づけ、帰還。夏の陣、第二弾が終了。 × ×
17 - - 珍しいお客さまが来た。内藤さんはじめ、インターネット新聞「囲碁人」の編集者たち。木谷道場のことや心の唄の話をしているうちに、4時間が過ぎた。25日に囲碁人、9月5日に囲碁人ビギナーズに記事が掲載されるという。ありがたい話だ。 × × ×
18 - - 「心の唄’11」にむけ、ひたすら作業。 × ×
19 - - 退職後、初めて歯の修理をしている。健康管理が大事だ。 × × ×
20 - - 災害から未来を守る会の定例会。午後は、東京から飯尾さん、平塚の松田さんが来てくださり、心の唄’11のDM170通を発送。とてもありがたい。あて名書きは佐藤さん、松田さん、CDは名越さんが作成してくださる。僕だけではどうにもならないところなので、本当にありがたい。 × ×
21 - - 二宮の「まちなか・ふれ愛まつり」は素晴らしいおまつりになった。まだ二回目なのに、流しそうめんや季節の食事、青摘みみかんなど多彩な出店と出品。僕は防災フォーラム、囲碁講座、コンサートを担当。心の唄バンドは三週連続して全員参加のライブとなった。お年寄りも多数参加してくださり、かつてない温かな熱気に包まれた。 × × ×
22 - - ひたすらDM作業。 × ×
23 ヨガ 引き続き、ひたすらDM作業。耳と口は開いているので、唄の練習ができるのがありがたい。 ×
24 DM作業三日目。オリンピックで4kgのおもりを購入。そろそろ、11月の湘南国際のトレーニングを再開する。がんばらなければ。 × ×
25 ひたすらDMの発送作業。 × ×
26 心の唄’11の技術スタッフ打ち合わせ。いよいよ本番。 × ×
27 ヨガ 第一回防災講演会開催。とても良い内容で、お客様もたくさん来てくれた。関東、東海、待ったなし。 × ×
28 ひたすらDMの発送作業。
29 44 朝ランを再開。さあ、がんばる。心肺が少々なまっているが、足腰足腰はまあまあ耐えている。あとは、ひたすらDM発送作業。 ×
30 ○ヨガ 43 ひたすらDM発送作業。いよいよ、あと20日。 - ×
31 ひたすらDM発送作業。 × ×
9月 1 墨田区横網町公園で第二回の耐震補強フォーラム。台風の予想をくつがえし、すべて屋外で実施できた。コンサートはこれまでで一番よいできで、お客様の反応もとても強かった。終了後の交流会は大変楽しい、活気に満ちたものになり、今後の希望が湧いた。 ×
2 45 ひたすらDM発送作業。膨大なあて名書きとCD製作作業を地元の方々が担当して下さる。これがとても大きな力になっている。ありがたい。9月19日は素晴らしいコンサートになるだろう。 × ×
3 唄の練習とDM発送作業。 × ×
4 41 全体練習。かつてない良い仕上がりで嬉しくなる。6月の平塚コンサートは良いできだったが、今は比較にならないほど良い。考えられないことだ。最後の二週間をがんばって、生きたあかしとなるコンサートにしたい。
5 40 ランニングはほぼ復調。足腰の痛みは消えたが心肺機能が今一つ。あと2か月で38分まで戻して、今度こそ4時間30分で走る。 × ×
6 DM発送とプログラム冊子作成、唄の練習で一日が過ぎる。さあ、いよいよ追い込み。 ×
7 41 走った後の足腰の痛みはなくなった。ありがたい。この分なら、今月中に以前の状態に戻れるだろう。いろいろな方々が連絡をくださり、嬉しかったり、悲しかったり。 ×
8 冊子作成作業。かなり遅れた。 × ×
9 文化センター打ち合わせと実行委員会。次第に盛り上がってきた。あと10日、最後の追い込み。 ×
10 - ひたすら冊子作成作業。 ×
11 41 朝から全体練習、昼は桃浜町自治会敬老会、夕方まで最終リハーサル。朝、走ったのでくたびれる。ようやく冊子を発注し、ほっとする。各地域の取り組みが写真で紹介されており、すばらしい冊子になった。 ×
12 DM発送作業の追い込みと唄の練習。 ×
13 DM作業が終了。「心の唄 in 歌津」のCD製作に取り掛かる。阿部先生のアカペラ、熊谷区長の北島三郎など、良い記録になった。 ×
14 41 意外に暑い。あと5日。 × ×
15 ひたすら準備。 ×
16 ひたすら準備。 ×
17 ひたすら準備。 ×
18 ヨガ 久しぶりのヨガ。気持がせいせいする。 ×
19
いよいよ、今日だ。過ぎてしまえば短く、できなかったこともたくさんあるが、気持がいい。人生に似ているなあ。皆さん、会場でお会いします。元気なお顔を見せてください。 × ×
20 すばらしいコンサートになった。ヴァイオリン、ピアノ、手話唄、ギター&エース、ボイパ、それぞれがすばらしく、アンサンブルも最高だったと思います。初めてのお客様もたくさんこられ、懐かしい顔ともたくさん再開できました。音響、照明、舞台、受付、会場など、支えてくださった皆様に、心から感謝します。とりわけ、大量のDMあて名書きとCD焼きをしてくださった平塚の皆さんに感謝です。これで大きな一区切りができました。さすがにくたびれて、一日ぼーっと過ごしました。 × × ×
21 朝、走ろうと思ったら雨。残念! 今日から活動を再開します。 × ×
22 45 ■⑮ 体が重い。少々なまった。昨日の暴風雨で事務所の屋根が飛んだ。大きな事故にならず、ほっとした。昨日は結局何もできず、今日から活動再開。がんばろう。 × ×
23 コンサート関係の資料と経理を整理。すっきりする。 × ×
24 ヨガ 協議会例会。新たな出発の日となる。 ×
25 42 穏やかな良い天気になった。久しぶりに海を見る。 × ×
26
27
28
29
30
10月 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
11月 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
12月 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31